相続とは

相続とは

相続とは人が亡くなった場合、その人が所有していた財産上の権利義務を配偶者や子供などの一定の親族関係の人が包括的に受け継ぐことです。

亡くなった人のことを法律では被相続人(ひそうぞくにん)といいます。

そして、被相続人が所有していた財産のことを相続財産あるいは遺産といいます。

相続財産は土地・建物などの不動産や預貯金などのプラスの財産だけなく、借金などのマイナスの財産も含まれています。

そのため、借金などのマイナス財産があるのかどうかをしっかりと調査しなければ被相続人の借金を支払う責任を負わされることがあります。

なお、被相続人の権利義務を全てを相続するわけではありません。

「被相続人の一身に専属したもの」や「祭祀財産」は相続しません。

一身に専属したものとは

「一身に専属したもの」とは、被相続人に対してのみ権利を帰属し、被相続人以外の相続人等が帰属するのは適当ではない権利や義務のことです。

具体的にいえば、年金を受給する権利や扶養を受ける権利などがあてはまります。

祭祀財産とは

祭祀財産(さいしざいさん)とは祖先を祭るために使用する家系図、位牌、仏壇、墓碑、墓地などをいう。

祭祀財産は祭祀を主宰すべき者が承継する。

主宰すべき者は被相続人の指定、慣習、家庭裁判所の審判により決まります。

【参考】
民法(祭祀に関する権利の承継)
第897条  系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

【相続による不動産の名義変更(相続登記)のページに戻る場合はこちらをクリック】