おまとめローンで一本化する前に

銀行等のおまとめローンを利用すれば、毎月の支払管理が簡単になる上に、月々の支払額が減ったり、月々の利息が安くなる場合もあります。

おまとめローンには確かにメリットもありますが、デメリットもあります。

借金を返すために借金を重ねているような状況の場合、おまとめローンは状況の先延ばしに過ぎない可能性があります。

特にお伝えしたいことは、住宅ローンを組んでいる方がおまとめローンを契約する際に不動産を担保に提供することは慎重に判断する必要があるということです。

なぜなら、住宅ローン以外の不動産担保ローンが設定されている場合、個人再生手続きでマイホームを守りながら、住宅ローン以外の借金整理を行う制度(住宅資金特別条項)が利用できないというような弊害が発生します。

消費者金融やクレジット会社から借金をした契約条件等によっては、おまとめローンをしなくても大幅に借金が減額する可能性もあります。

銀行等の貸す側だけの説明だけでなく、司法書士等の借金相談を受けてから、おまとめローンを組んでも遅くはないと思います。

既におまとめローンを組んでしまった方については、一本化する前の契約条件等によっては過払金(利息を払い過ぎている状態)が生じている可能性があります。

当事務所は初回無料相談を実施しておりますし、お金の専門家であるファイナンシャルプランナー資格を保有している司法書士が相談を担当致します。

お気軽にご相談ください。