合同会社とは

合同会社は持分会社の一種で平成18年(2006年)5月1日施行の会社法により新しく設立することができるようになりました。

持分会社は、比較的小規模の事業を行うことを予定している会社類型です。

その中で合同会社は社員全員が有限責任社員であることが特徴のひとつです。

アメリカで認められるLLC (Limited Liability Company) をモデルとして導入されたもので、日本版LLCともいわれています。

会社設立のページに戻る】