所長プロフィール

代表司法書士

【氏名】
軍司 嘉清
(ぐんじ よしきよ)
【所属】
大阪司法書士会 第4031号
簡裁訴訟代理等認定番号 812029号

公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート正会員
会員番号 6109046号

法テラス契約司法書士

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャルプランナー)

プロフィール

昭和58年生まれ

平成19年 司法書士試験合格。

平成20年 大阪市中央区の司法書士事務所で多重債務問題、不動産登記業務、相続業務を主に担当。

平成24年 神戸市中央区の司法書士事務所に転職。多重債務問題、起業支援、商業登記業務を主に担当。

平成25年2月 JR大阪駅前にて「ぐんじ司法書士事務所」をスタート。

平成27年11月 大阪市中央区天満橋に事務所移転

司法書士になったきっかけ

小学校から高校までは野球一筋で過ごしていました。完璧な野球バカでした。

部活が終わった高校3年生の秋、スポーツ健康科学科に在籍していたということもあり、リハビリ系の国家資格である理学療法士になるための専門学校に進学する予定でした。

しかし、今まで野球しかしてこなかったこともあり、ゆっくり時間をかけて将来について考えてみたいという気持ちが強くなり、突然、大学進学を決意しました。

大学に入学してからは今まで出来なかったアルバイトをしたり旅行に出かけたりするともに少しずつ将来の自分について考えました。

「一生、続けていきたい職業はコレだ!」と思える職業を見つけるため、様々なジャンルの本を読んだり、法律、心理学、英語、会計、経済、金融等を勉強したりしました。その中で法律を勉強している時が一番興味深く取り組めていることに気付きました。

そして法律関係の職業を詳しく調べている時に司法書士という国家資格があることを知りました。

司法書士の主な業務は不動産登記・商業登記であり、不動産登記とは大切な財産である土地や建物の名義を正確に書き換えることによって権利を保全する業務であること、商業登記とは会社に関する情報を正確に登録することによって、円滑で安全な経済取引に資することができる業務であることを知りました。

さらに、成年後見業務といって判断能力が低下してしまった高齢者の財産管理を行うことによって、悪徳商法等から保護するといった業務が行えることも知りました。

私は争いごとから回避するように行動してきたタイプだったということもあり、裁判所を主戦場とする弁護士はあまり向いていないと思っていましたので、できる限り紛争が起こらないように取り組んでいる司法書士の業務内容にとても魅力を感じました。

司法書士は町の法律家と呼ばれていることも知りました。司法書士のことを調べていくと自分もいつか法律のことを気軽に相談できる司法書士事務所を開業したいという気持ちが強くなり、大学2回生の冬に司法書士になると決意しました。

それからは図書館にこもって毎日10時間勉強して3回目の司法書士試験に無事合格することができました。

今後、より多くの方にとって相談しやすくて信頼できる司法書士事務所で在り続けるため、一日も無駄にすることなく、日々成長していきたいと思っています。

ファイナンシャルプランナー(FP)になったきっかけ

ファイナンシャルプランナーの資格を取得と思ったきっかけが、借金整理(債務整理)の仕事です。

24歳の時に司法書士試験に合格し、大阪市内の司法書士事務所で勤務することになりました。

初めて勤務した司法書士事務所では不動産登記や商業登記、相続手続きなど多岐に渡る業務を担当させていただきましたが、中でも債務整理を多く担当してきました。

債務整理の仕事は任意整理自己破産個人再生の手続から依頼者の意向や債務の状況に応じて最善の方法を考えます。

これまでの勤務してきた大阪市内の司法書士事務所や神戸市内の司法書士事務所も任意整理であれば和解締結まで、自己破産であれば免責許可決定が確定するまで、個人再生であれば再生認可決定が確定するまでが主な業務で、それ以降は依頼者とのやりとりはほとんどありませんでした。

もちろん、それはそれでよくて、むしろ任意整理なら任意整理だけをしてくれたらいいんだという依頼者の方もいらっしゃると思います。

ただ、もし返済中や返済後の生活に不安を感じている依頼者に対して、しっかりと将来にわたって継続的にサポートできる能力や知識があればよいなと感じていました。

さらに自己破産個人再生手続きをしなければいけない方の中には、クレジットカードのショッピング枠の現金化などをしてしまう方がいます。例えば、カードで商品券を購入しすぐに金券ショップで売却する行為のことです。
このような行為は破産法でも禁じられていますし、売却した依頼者にも詐欺等の犯罪に該当してしまう可能性もありますので絶対にしてほしくありません。

そのような行為をしてしまう原因として生活のことや借金のことなどの身近な問題について誰にも相談できなかったというのがあるのではないかと思っています。

そこで、ライフプラン(生活設計)、社会保障、保険、資産運用、税金、不動産、相続に関する知識を習得できるファイナンシャルプランナーの資格を知り、勉強を始めて資格を取得しました。

司法書士として債務整理の業務をして、ファイナンシャルプランナーとして依頼者の家計を改善する。さらに多重債務に陥ってしまう前にファイナンシャルプランナーとしてお金の相談ができる窓口であり続けたいと思っています。

そして、借金で困っている人が少しでも減り、夢や目標に向かって充実した生活ができるお手伝いができれば幸せです。

ファイナンシャルプランナーとしては、住宅購入相談や退職後のお金に関するプランニングにも力を入れていきたいと思っています。

プライベート

現在、5歳と4歳の娘がいます。
娘二人はアレルギー体質で牛乳が飲めません。だけど、豆乳なら大丈夫。くら寿司の「なめらか豆乳アイスのココア」が大好物です。
上の娘は、優しくて運動神経抜群のお姉ちゃん。だけど、最近ちょっと泣き虫。下の娘は、愛嬌があるキャラクターで愛され役。かなりの食いしん坊で、食事のときは、いつも最初から最後まで食卓に居座ります。

姉妹