法定相続分について

法定相続分とは、被相続人(故人)が遺言を残していない場合など適用される相続割合のことをいい、民法という法律で以下のとおり定められています。

【法定相続分】

(1)配偶者と子供が相続人である場合 配偶者1/2、子供1/2

(2)配偶者と直系尊属が相続人である場合 配偶者2/3、直系尊属1/3

(3)配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合 配偶者3/4、兄弟姉妹1/4

【相続による不動産の名義変更(相続登記)のページに戻る場合はこちらをクリック】