相続開始時期によって異なる適用法令

相続が開始した時期によって適用される法令が異なります。

法定相続分が異なる場合もありますし、相続の制度自体が大きく異なっている場合がありますので注意が必要です。

【参考資料】

【明治31年7月16日から昭和22年5月2日まで】
旧民法が適用されます。
【昭和22年5月3日から昭和22年12月31日まで】
日本国憲法の施行に伴う民法の応急的措置に関する法律が適用されます。
【昭和23年1月1日から現在まで】
現行民法が適用されます。(※)

(※)昭和56年1月1日以降、民法が一部改正し、配偶者の相続分が引き上げられました。

<現行民法の法定相続分> 昭和23年1月1日から昭和55年12月31日まで
第1順位 配偶者 3分の1  子 3分の2
第2順位 配偶者 2分の1  直系尊属 2分の1
第3順位 配偶者 3分の2  兄弟姉妹 3分の1
※兄弟姉妹の再代襲相続も可能。

<現行民法の法定相続分> 昭和56年1月1日から現在まで
第1順位 配偶者 2分の1  子 2分の1
第2順位 配偶者 3分の2  直系尊属 3分の1
第3順位 配偶者 4分の3  兄弟姉妹 4分の1
※兄弟姉妹の代襲相続は一代限り。再代襲は不可能。
※寄与分制度の新設。



【相続による不動産の名義変更(相続登記)のページに戻る】