過払い金請求Q&A

過払い金請求に関する相談について

過払い金の相談をしたいのですが?

まずは相談の予約をお願いいたします。
電話(0120-816-216)またはメールでの相談予約が可能です。
担当する司法書士が対応できる日程の調整を行いますので、相談希望日をお伝えください。
出張相談を希望する場合はその旨をお伝えください。

相談当日に用意する物は何ですか?

借入先の資料(契約書、領収書、カード等)をご用意ください。
借入先から取引履歴を取得している場合は取引履歴をご持参ください。

当事務所に過払い金請求の依頼を予定している場合、認め印と本人確認資料(免許証など)をご持参ください。

とりあえず相談だけしたいのですが?

もちろん相談だけでも可能です。

初回のみ無料です。ご自身で過払い金について調べるだけでははっきりとわからない点もあるでしょうから、どうぞお気軽にぐんじ司法書士事務所へご相談ください。

相談に行けばすぐ過払い金の金額がわかりますか?

相談に来ていただいても過払い金の金額はすぐにわかりません。

取引履歴を取り寄せて引き直し計算をする必要があります。

取引履歴はご本人様で取得することもできますし、当事務所にご依頼していただければ取得代行することも可能です。

過払い金請求手続きについて

過払い金はどのように調べるのですか?

まず、貸金業者・信販会社等から「取引履歴」を取り寄せます。

この取引履歴には初回借入から最終の返済までの記録が記載されています。

そして、この「取引履歴」の記録を元に、利息制限法の所定の上限利率に基づいて再計算することによって過払い金の発生の有無を調べることができます。

過払い金請求をするとブラックリストに載るのでしょうか?

過払い金返還請求をしても、ブラックリスト(信用情報)に影響はありません。

仮に過払い金返還請求をした後にカードが利用できなくなった場合は、過払い金返還請求以外の原因(申し込み先独自の審査基準に通らなかったなど)が考えられます。

平成22年2月15日、株式会社日本信用情報機構(JICC)は平成22年4月19日(月)以降、過払い金返還請求に関する登録内容を廃止する旨のお知らせをしています。
株式会社シー・アイ・シーのホームページの「よくある質問」には過払い金返還請求に関する登録項目はない旨の記載があります。

過払金を取り戻すのにどれくらいの期間がかかりますか?

請求する会社によって異なります。取り戻すのに時間がかからない相手会社であれば1か月程度で過払金を取り戻すことができるケースがありますし、裁判が長引いて1年以上、時間がかかる場合もあります。

今は利率が低くなってますので過払い金請求はできないですよね?

今は上限利率が低くなっていたとしても、過去に利息制限法を超える利率で取引していれば過払い金が生じている可能性があります。

個人差がありますので一概には言えませんんが、利息制限法に定められている利率を超える取引を5年以上継続している場合、過払い金が生じている可能性が高いと言われています。

契約書やカード等は全て残っていませんが過払い金請求は可能ですか?

資料を破棄等してしまった場合でも過払い金請求は可能です。
これは消費者金融等の事業者には書類を保管しておく義務と要求があれば情報を開示する義務があるためです。

クレジットカードでは過払い金請求はできませんか?

信販会社が発行するクレジットカードであろうと「利息制限法所定の利率を超えるキャッシング」を利用したことがあれば過払金が発生している可能性があります。

金額によって利息制限法の上限利率は異なりますが、目安として15パーセント超の利率で契約している場合、過払金が生じている可能性があります。

銀行のキャッシングで過払い金請求はできますか?

銀行のキャッシングサービスはいずれも利息制限法所定の範囲内での貸し付けをしているため、引き直し計算をしても過払い金が発生することはありません。

過払い金請求するために裁判所に行くことはありますか?

司法書士には簡易裁判所で訴訟代理人として交渉する権限が認められていますので、依頼者の方が裁判所に行かなければいけないことはまずありません。

過払い金の金額が140万円を超える場合、司法書士には代理人として交渉する権限がありません。

そのため、過払い金が140万円超で裁判をする場合、依頼者本人が裁判所に出席する必要があります。

司法書士は裁判所に提出する書類を作成し、裁判の手続きの流れや相手方の傾向等をお伝えして裁判をサポートさせていただきます。

過払い金請求に関する費用について

費用はいつ払えばよいのでしょうか?

過払い金請求手続きの場合、取り戻した利息から費用をいただきます。

そのため、相談時には費用を用意していただく必要はありません。

複数社依頼する場合、1社ずつ精算してもらえますか?

複数の会社を相手に過払い金請求を依頼していただいた場合、1社ずつ精算致しますのでご安心ください。

過払い金請求して損することはありますか?

当事務所の過払い金請求に関する基本料金は5,000円(税抜)です。

そのため、過払い金が5,000円以下の場合には損をしてしまう可能性がありますが、過払い金が5,000円以下であることが判明した時点で過払い金返還交渉などの手続きを行わずに業務終了した場合にはそれまでの実費のみ請求させていただきますので経済的に大きく損をすることはありません。

過払い金請求後について

過払い金請求した会社のカードは引き続き使えますか?

請求した相手会社によります。

請求先の会社も営利を目的としていますので、過払い金請求を受けたとしてもカードの利用を継続できることがあります。

なお、過払い金請求した会社以外で借金が残っている会社を債務整理した場合、信用情報機関に事故情報として登録されている結果、引き続きカードの利用ができなくなります。