【裁判所】平成30年7月豪雨対象地域の方の相続放棄期間伸長

裁判所は平成30年6月28日(平成30年7月豪雨の特定非常災害発生日として定められた日)に,災害救助法の適用対象地域に住所を有していた方が相続人となる場合に,相続の放棄等をすることができる期間(原則として,相続があったことを知った時から3か月)が平成31年2月28日まで伸長されることを発表しました。

※適用対象地域と伸長期限にはお気を付けください。

亡くなられた方の財産が預貯金等のプラス財産よりも借金等のマイナス財産のほうが多い場合等は管轄家庭裁判所で「相続放棄」という手続きをとることで借金を相続しないことができます。
※預貯金等のプラスの財産も相続することが出来なくなります。

相続放棄は原則として「相続があったことを知ったときから3ヶ月以内」にする必要があります。例外的に期限を過ぎた場合でも相続放棄することができる場合もあります。

【裁判所 平成30年7月豪雨の対象地域に住所を有していた方が
相続人となる場合に相続の放棄等をすることができる期間が伸長されます】
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/souzokuhouki_30.pdf