【ブログ】資本金の額の減少(減資)をご検討中のお客様へ

先日、資本金の額の減少(減資)に関する御相談がありましたが、減資の手続きには約2カ月ほど時間がかかりますので、ご検討中の方はお早めにご相談ください。

なぜ、通常の手続き(役員変更登記等であれば3週間程度)よりも時間がかかるのかといいますと減資は会社を運営していく元手となる資金を減らす手続きのため、その会社にお金を貸している債権者に対して慎重な対応が求められるためです。

会社法という法律では、原則として官報という国が発行している新聞のようなものに減資をしますよという公告が必要であり、さらに個別に通知も送りなさいと定めています。

ちなみに減資の逆の手続きである増資(募集株式の発行)は債権者にとって、会社の元手が増える訳ですので、貸したお金を返してもらえる可能性が理論的に高くなるため債権者保護手続きが不要です。

減資・増資のことでご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

司法書士 軍司嘉清