自己破産(同時廃止事件)の予納郵券

先日、自己破産の申し立て書類を作成し提出しました。

自己破産の申立書類を作成し、裁判所に提出しても、それで業務が終了する訳ではありません。

申立て後にも裁判所からの追完書類や開始決定正本、免責決定正本等の書類を受領したり、提出したりする必要があります。

大阪地方裁判所の窓口に予納郵券について、お知らせ書類が配布されておりましたので、備忘録も兼ねておりますが、お知らせいたします。

※管轄する裁判所によって対応が異なる可能性があります。
※現時点での取り扱いですので、今後変更される可能性があります。

予納郵券額・券種変更のお知らせ

自己破産開始決定正本等全て郵送で受け取る場合】
合計2742円
(内訳)
500円 2枚
 82円20枚
 10円10枚
  2円 1枚
※送達受取人ラベル3枚、債権者宛ラベル各1枚も併せて提出

自己破産免責決定正本のみ郵送で受け取る場合】
合計1072円
※内訳不問
※送達受取人ラベル1枚

自己破産開始決定正本等全て窓口で受け取る場合】
郵便切手の予納は不要。
免責決定正本は交付送達のため、印鑑を持参。