【ブログ】相談時には目的を見失わないように注意しています。

成年後見リーガルサポートという司法書士の団体に所属しておりますと、定期的に案件や相談の配転があり、今回は成年後見の申立てに関する相談を担当しました。

結局、成年後見制度を利用せず、様子をみることになりました。

私が相談を担当する前に今回の相談者は別の司法書士に電話で相談しているはずなのですが、その際、成年後見制度を利用したい目的は何かを確認し、それに対して成年後見制度は有効なのか、他に別の方法は無いのか等を説明していれば、わざわざ少し遠方から事務所まで来てもらうような相談内容ではなかったと思います。

成年後見に関する相談時に限らず、相談者が質問したい内容をしっかりと聞き取り、わかりやすく回答するように心がけています。
雑談の中から重要な内容を確認できることもありますので、できるだけ話を遮らないように気を付けていますが、あまりにも相談者の話が脱線している場合は相談の内容から外れているということで軌道修正することもあります。

司法書士・FP 軍司嘉清