【ブログ】不動産取引のキャッシュレス化

本日は不動産取引がありました。

前回の不動産取引もそうだったのですが、今回も不動産取引時に現金が一切出てきませんでした。

少し前までの不動産取引では、固定資産税の精算金、登記費用等を現金で出金して、精算することが一般的でした。

銀行のタブレットで振込口座や振込金額を入力する場面では、慣れておらず時間が少し時間がかかっていた印象がありますが、振込を済ませた後の入金までの流れはスムーズでした。

最近は書面申請ではなく、ネット上でオンライン申請することも多くなったため、事務所近くにある大阪法務局本局以外の法務局には行くことが少なくなっています。

法改正やキャッシュレス化など最近は変化が早いので、勉強したり、情報を取得したり、しっかりと時代に追いついていきたいと思います!

司法書士 軍司嘉清