【ブログ】抵当権が付いたままの所有権移転

担保権が設定されたままの状況で所有権移転を登記申請いたしました。

通常の不動産取引では、売主が不動産を売却するとき、抵当権等の担保権を抹消登記し、担保権が一切付いていない状況にしてから買主に名義変更します。

今回は、グループ会社間での所有権移転だったため、金融機関の承諾を得て、抵当権がついたまま所有権移転することになりました。

何故、金融機関の承諾が必要なのかといいますと、文言の違いはあるにせよ、以下のような契約条項が抵当権設定契約証書に記載されていることが多いからです。

「債務者及び抵当権設定者は、あらかじめ貴社の書面による承諾がなければ、抵当物件の現状の変更、及び担保価値の減少をきたす行為、または譲渡、占有の移転、担保権その他の物件もしくは賃借権を設定しません。」

添付書類等は通常の所有権移転と変わりません。

司法書士・FP 軍司嘉清